外国企業と交渉する心構えはありますか? 【ビジネス英会話】
海外へ飛び立つ準備は出来ていますか? 【海外出張・留学・資格】
お奨めビジネス英会話教材をお探しですか? 【ビジネス英語テキスト】
今度こそ、本気で英語を身につけたい方へ

合格率2.89%の講師
英会話講師:Ms.Fiona|馬込エリア| Ms.Fiona 

イギリス連邦マルタ共和国
マルタ大学卒 東京大学大学院卒 日本とマルタ両方でビジネス経験あり。




|大手町・東京エリア| Tim
アメリカ出身 外資系のコンピュータ会社で第一線のビジネスマンとして活躍中です。


|高田馬場・目黒| Joanne
|小田急・南武線| Chris
|横浜| Timothy

その他たくさん講師がおりますので、お問合せください。


Bayside Englishとは
どんなスクール?
どんなネイティブ講師?
どんな生徒さん?


どんなレッスン?
60分体験レッスン+α
体験1ヶ月コース
短期集中猛特訓コース
短期1〜3ヶ月コース
プレミアムコース
たっぷり2時間コース
オーダーメイド・Eレッスン
メール・カウンセリング
企業専門コース(長期)
企業専門コース(短期)
日本人講師付サポート
ご入会までの流れ

コラム
教わることと学ぶこと
英語で泣いたことがありますか?
あの人の秘密
文法の力
自分の弱点を知ろう
あなたの未来は? 
英語で突っ込めたら
なぜ勉強するの?
国際会議を楽しもう
短期留学をしてみよう
拝啓三日坊主さま
ビジネス英語には
GREの最新情報

英会話Q&A
教室はあるの?
月謝制って?
振替・キャンセルは?



文法の力

ホーム
【文法の力】

「文法はいらない」
「意味が通じるから、あまり気にしない」
「文法は勉強しなくても困らない」


こんなことを、ここ数年よく耳にするようになりました。

あなたは、どうお考えですか?
▼ ▼
info@baysideenglish.com 


■私の経験から1つだけ、言わせて頂くと
確かに、文法をそれほど気にせず英語を話すかたもいらっしゃいます。

実際、日常会話やカジュアルな会話なら、確かに多少間違っても、 意思の疎通ができていれば、誰もやかましく言わないでしょう。

でも、これまで私がお会いした英語が上手(一流)な方は 「文法は不可欠」とおっしゃいました。
しかも、「全員」です。


■では、なぜ英語が上手な方は、皆文法を重要だと考えていらっしゃるのでしょうか? 
 
というか、そもそも文法は必要なのでしょうか?
それを知るために、文法が英語を使う上で、どのような役割を果たしているか、簡単に説明してみましょう。


↓ ↓↓↓↓↓↓

【クイズ1】 次の数字を覚えてください。(5秒間)

1、3、4、6、8、10、12




では、今覚えた数を行ってみてください。

全部、言えましたか?



【クイズ2】
では、今覚えて数字を、1時間後、半日後、1年後、5年後に、言えますか?
どうでしょうか?


ヒント:今の数字の特徴は。


↓ ↓↓↓↓↓↓


感のいいかたは、もうお分かりですね。そうです。
テレビのチャンネルです。

このように、数字の特徴を理解すれば、5年後でも10年後でもまた言えます。

■つまり、この「特徴」が英語では「文法」なのです。
だから、文法がしっかり頭に入っていると 自分の知っている単語を使って、 いつでも言いたいことがいえるようになるのです。


また、英語の文章を読んだ後でも、聞いた後でも 内容を覚えやすくります。
自分で言い換えることも、楽にできるようになります。

もちろん、とても頭が良く、何千、何万と 例文を覚えられる人は、文法を学ぶ必要な無いでしょう。

でも、そんな人はなかなかいません。
だからこそ、5年後、10年後でも、 正しく英語が聞き、話せるために 文法は、しっかり学んでおく必要があるのです。

■ 人は忘れる生き物ですが、 「忘れにくく、覚えやすく」することもできるのです。
なかなか英語が話せないとお感じの方は ぜひ、一度ご自分の「文法力」を確認してください。
-------------------------------------

▼この内容について、ご意見・ご感想や   英語に関してご質問のある方は、こちらまでどうぞ。
info@baysideenglish.com 

------------------------------------------------
「あなたは、5年後、10年後でも英語を正しく話したいですか?」  

▼体験レッスン
https://212-deca-baysideenglish.ssl-chicappa.jp/englishcoarch/form/webform2/webform.cgi



ホーム

(c)2016ベイサイドイングリッシュBayside English. All rights reserved.